知っておくと何かと役に立つ!いらなくなったギターの買取についての関連情報を紹介

買取店にギターを高く買い取ってもらうには、いくつかコツがあります。
前もって知っておくと価格が上がる可能性が高まります。
まず、楽器は時間の経過とともに劣化していくため、なるべく新しいうちに売りましょう。
しばらく使用していなかった場合はちゃんと演奏ができる状態か確認が必須です。
汚れについてはギターのボディの表面だけでなくメッキ部分など細かい所も綺麗にしておくのがおすすめです。
専用のケースがある場合はそれも用意すれば価値が上がります。
こうした関連情報を予め収集し把握しておくことが、買取額アップにつながります。

ギターの買取を行なっているのはどのようなショップ?

一般的にギターの買取を行っているのは、楽器店とリサイクルショップです。
楽器店は様々な種類の楽器の品揃えを増やしたいと言うことが多く、特にヴィンテージと呼ばれる高額なモデルを取り扱うことが少なくありません。
楽器は経年変化とともに音質が変化する特徴があり、ヴィンテージギターの場合には木材が経年変化とともに乾燥することで独特の枯れた音と言われる音質になることから、マニアの間では高額で取引されることが多いためです。
リサイクルショップは一般的に様々なものを安く販売することが目的であるため、ギターも比較的リーズナブルなものを安く減った買取することで知られています。
販売をする際にも新品よりも安く買えることから初心者などは購入する機会が多く、その品揃えも低価格帯が多いことが特徴です。
これらの特徴を知って自分の持っているギターがどれに該当するかによって選ぶことで、自分の持っている楽器に見合った高額査定を得ることができます。

買取ってもらえるギターの種類とは?

ギターには大きく分けてアンプに繋いで音を増幅するエレキとフォークタイプなど鉄製の弦を張るアコギ、19世紀後半に誕生したクラシックギターの3種類があります。
この3種であれば、問題なく買い取ってもらえることでしょう。
もちろん買取店や楽器店にも専門分野があり、クラシック専門のお店ではエレキは取り扱っていない場合もあるため注意が必要です。
価格について見ていくと、初心者向けの中でもさらに低価格帯に分類される機種は断られる場合があります。
エレキで言えば、雑誌の裏にセット価格で掲載されているようなモデルです。
ただこちらはリサイクルショップなど一部の大手企業であれば、受け付けてもらえるケースも少なくはありません。
一方でミドルクラスから高級ラインに属するモデルは、大抵のお店は買い取ってくれるでしょう。
続いて程度・状態については、ネックの反りやボディの状態がチェックされます。
こちらは電気を通すエレキであっても、生の部分が重要である点に関しては不変だからです。
よほど希少な機種ではない限り、演奏性や音が悪くなるため大きく減額されてしまいます。

壊れたギターでも買取対応してもらえるのか?

近年は海外の影響で価格が高騰しており、多くのショップで壊れたギターも買取が可能となっています。
ネックが折れるほどの重症であれば難しいですが、電装パーツの接点不良やペグの欠品程度であれば問題ありません。
工房に依頼しなくてもギターショップの店員が対応できる程度であれば、多少の減額はあれど買い取ってもらえます。
トラスロッドが回り切っていても、現在では中古市場で普通に取引されているためその点で諦めていた方もぜひ査定に出してみてください。
見極めのポイントとしては、一度大手の楽器店に買取査定に出してみることです。
その場で値段が付くのであれば問題ありませんし、断られたのであればその際に理由を聞いてみましょう。
その内訳によっては、工房や修理専門のスタッフが在籍している楽器店であれば買い取ってくれる場合があるからです。
特にエレキギターの場合は、有名メーカーのモデルの場合ネックとボディをすげ替えることができます。
すなわち本来は致命的となるネックのトラブルも、交換という形でボディ材や他のパーツを流用することができるからです。
買い取れないと断られても諦めず、修理やメンテナンスを店舗で請け負っているお店に持ち込んでみましょう。

ギターの買取時に手数料は発生する?

ギターを愛し演奏の才能を磨いた結果、高級な楽器を手に入れることができたとしたら、その楽器を売却する際には注意が必要です。
ギターの買い取り時に手数料が発生することはあるか問題ですがその疑問に答える前に、高価な楽器を効果的に売却するコツについても考えてみるべきです。
まず、ギターを売却する前に、市場価値を調査することが重要です。
インターネット上で類似の楽器の価格を調べ、その楽器の状態やブランド、年式などを考慮して、適切な価格を設定しましょう。
適切な価格を設定することは、買い取り業者との交渉にも役立ちます。
次に信頼性のある業者を選ぶべきです。
口コミや評判を調べ、実績のある業者を選ぶことが重要です。
業者の評価額が適切かどうかを確認するため、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。
これにより、最適な条件でギターを売却することができます。
買い取り時に手数料が発生するかどうかは、業者によって異なるのです。
一部の業者はこれを取ることがありますが、他の業者はこれを取らず、買取価格にすべてを含めています。
したがって業者を選ぶ際にその額についても確認しましょう。
これが発生する場合でも、買取価格が高い場合はこれを支払っても得をすることがあります。

買取時にプレミアムがつくギターの特徴とは?

ギターの種類は様々あります。楽器の中でも特に買取時にプレミアムがつくものが多いという特徴があります。その理由のひとつに、ギターは製造数が限られていることが挙げられます。そして、人気アーティストやブランドのものは需要が高くなるケースもあります。製造数が限られているものは、希少性の高いため必然的にプレミアムがつきます。例えば、限定生産されたギターであったり、廃盤になったものは中古市場で値上がりしやすくなります。ヴィンテージギターも希少性が高いです。高値で買取される可能性があります。ヴィンテージものは、製造から年月が経っていても、音や風合いが独特でコレクターの間で注目度が高いです。また、伝説的なアーティストが使用したものも値上がりしやすく、その歴史的価値から高値で買取される可能性もあります。こういった価値があるものを所持しているなら、詳しい査定ができる楽器専門の買取業者を利用するのがおすすめです。

同じ種類のギターでも製造時期によって金額が異なることがある

一般的な中古品であれば、最新のものほど高く売却できて古いものほど価格が下がる傾向にあります。しかしワインなどと同様に、木材を使ったギターという製品は古いモデルになるほど鳴りが良くなる場合も多いため高値を付ける可能性も少なくありません。 一方で同一のメーカーでなおかつ同じモデル・機種であれば価格は一定すると思いきや、製造時期によって買取価格が変動する場合があります。たとえば日本がOEMで製造していたとあるメーカーのエレキギターは、製造年により作られた工場や国が異なります。このメーカーの場合は90年代の半ばまでが日本製であり、現在は独立して自社ブランドを立ち上げるほどの高い技術を誇る企業であったため、この時期のギターだけ価格が上昇しています。同じく海外製のモデルであっても、製造時期によって価格が変動するケースがあるため注意が必要です。買取査定に出す前に、事前に適正価格を調べておいて損をしないように準備しておくことが大切です。

ギターの買取金額は付属品の有無によって異なる

ギターの買取金額は付属品の有無によって異なります。ここで付属品とは、ギターに付属しているものや使用する際に必要なもののことです。例えば、ケースやストラップ・ピック・チューナー・保証書・箱などがあります。その有無が買取金額に影響する理由はいくつかありますが、そのうちの一つがそれがあることでギターの状態を保護したり、演奏したりするのに便利なため需要が高まるからです。逆に、付属していたものがないと、本体の状態が悪化したり、演奏に不便が生じたりする可能性があります。また、付属していた品物があることで、本物であることや購入時の価格や年式などの情報を確認できるというのも理由の一つです。なお、付属物の有無で買取金額がどのくらい変わるかは、種類やブランド、状態などによって異なりますが、一般的には買取金額が数千円から数万円程度アップすることが多いです。ただし、付属物があってもギター本体の状態が悪い場合は、買取金額が下がることもあります。

お店によっては宅配によるギター買取が可能

ギターを売却する場合には、取り扱っている店舗に持ち込むことが必要と考えていることが多いのですが、お店によっては宅配によるギター買取が可能な場合もあります。この方法だと時間がない場合でも送って査定をしてもらうことが可能であり、安心して利用することができる場合も少なくありません。 店舗に持ち込む場合にはその場で現物を見せてすぐに正確な査定額を知ることができるため、安心して利用することができると考えることが多いものです。これに対し宅配の場合には事前に様々な情報を提示しておくと概算の金額をあらかじめ知ることができ、もし納得できない場合にはこの時点で送ることを止めることもできるので、非常に効率が良い部分があります。事前にダメージのある部分などを写真を撮影し送っておくと、概算査定の精度が高まるためこれらを効果的に行うことが良い方法となります。お店の中には、送料を負担してくれるところもあるので、その内容を十分に確認してから利用することが大切です。

無料でギターの出張買取をしてくれる業者も存在する

ギターはサイズが大きいだけでなく重量もあり、買取を依頼するために店舗に持ち込むことが難しいときもあります。買い取ってもらいたいギターが複数ある場合はなおさらで、そういった際には買取店の出張買取を利用しましょう。 これは、買取店のスタッフが自宅まで来てギターの査定をしてくれるシステムです。本体はもちろん、エフェクターなどの機材も同時に査定をしてもらうことが可能なため、一式をまとめて処分したいというときには特に利用価値があります。 料金について、業者によって違いはありますが無料で依頼できる店舗が多くなっています。なかには申込時の査定見積もり額が一定の金額を超える場合に限り無料になるということもあるため、事前に確認しておきましょう。また、査定をしてもらった後にその金額に納得できないという場合でもキャンセル料や出張費などが請求されることはありません。 ギターの買取を考えているのなら、是非依頼してみることがおすすめです。

楽器宅配買取に関する情報サイト
ギター買取の秘密

このサイトでは、いらなくなったギターを買取店に買い取ってもらおうと考えている方に役立つ関連情報を提供しています。
基本的には、ショップに自宅まで出張してもらう、自宅で梱包して宅配でショップに配送する、ショップに持ち込むという3種類の方法があり、都合に合わせて選ぶことができます。
いずれにしてもまずは見積もりを依頼して、買い取ってもらうかどうかはそれからの判断になります。
相場がわからない人も多いでしょうから、できるだけ複数のショップに見積もりを依頼し、比較検討するのが肝要です。

Search